IBTC無収水研修能力強化プロジェクト

(Project for Strengthening the Training Capacity of IBTC on Non-Revenue Water)

【写真】プロジェクトの様子

国名
南アフリカ共和国 [協力地域地図(PDF)新しいウィンドウを開きます]
協力期間
2017年8月〜2020年8月
事業
技術協力
課題
水資源・防災

プロジェクトの紹介

南アフリカ共和国では、水資源の確保が国家的な課題となっています。解決策のひとつとして水道の無収水率(浄水場からの配水量のうち料金請求に至らなかった水量の割合)を下げる必要がありますが、そのための技術者が不足しています。このため日本は、東京都水道局にて同国の水道事業関係者に対する研修を、2013年から2015年の3年間にわたって行いました。また、研修効果を同国内で広めるため、2014年には水・衛生省がインフラ整備局センター(IBTC)を設立しましたが、独力でセンターを運営することは容易ではありません。この協力では、IBTCの運営体制を整備し、無収水技術研修を継続的に実施できる研修運営能力の強化を図ります。また、地方の水道事業体(自治体)へも研修を普及していくことが計画されており、国内全土における無収水対策への貢献が期待されます。

※各項目の説明や関連するJICAサイト内の情報については、ODA見える化サイトとはをご覧ください。

協力現場の様子

関連情報