建設分野における労働安全管理能力強化プロジェクト

Project on Strengthening the Capacity for Occupational Safety Management in the Construction Sector

実施中案件

国名
モンゴル
事業
技術協力
課題
社会保障
協力期間
2017年5月〜2021年4月

プロジェクト紹介

モンゴルでは、急速な経済発展に伴い建設業における労働災害が増加しています。建設・都市開発省(MCUD)及び専門監察庁(GASI)は、建設発注者及び建設業者の労働安全に対する意識を向上させ、制度的にも労働安全衛生関係法令やガイドライン等の整備を図り、労働災害防止対策に取り組んでいますがその徹底が図られていない状況です。特に、行政官、建設関係者については労働災害防止に対する知識を修得するための教育・研修が喫緊の課題となっています。この協力では、建設労働災害防止の施策の策定、行政官及び建設企業関係者等への研修体制・ガイドライン・事例集整備、パイロットサイトにおける実地研修を行います。これにより、関連機関の能力の向上を図り、同国の建設企業の労働安全にかかる意識と管理技術の向上に貢献します。

フェイスブック

事業評価

協力現場の写真

  • 全国行政官研修の様子(写真提供:MCOSHP) 

  • 行政官の現場調査の様子(写真提供:MCOSHP) 

  • 全国建設関係安全大会の様子(写真提供:MCOSHP) 

  • 安全保護具展示・説明の様子(写真提供:MCOSHP) 

  • 安全保護具展示の様子(写真提供:MCOSHP) 

  • 建設企業向け研修の様子(写真提供:MCOSHP) 

  • 建設企業向け研修の様子(写真提供:MCOSHP) 

  • 建設企業向け研修の様子(写真提供:MCOSHP) 

関連情報