国家健全性戦略支援プロジェクトフェーズ2

(National Integrity Strategy Support Project Phase 2)

【写真】プロジェクトの様子

国名
バングラデシュ [協力地域地図(PDF)新しいウィンドウを開きます]
協力期間
2019年1月〜2022年1月
事業
技術協力
課題
ガバナンス

プロジェクトの紹介

急速な経済成長をとげるバングラデシュですが、政府は調和のとれた経済成長と社会開発を更に推進するために、説明責任・透明性の一層の強化による、より良いガバナンスの促進と汚職防止が不可欠と認識しています。そのため前フェーズでは、行政機関が効果的に国家健全性戦略(NIS)を実施する枠組みの確立を支援しました。今後は、NISと関連性の高い説明責任・透明性向上を促進する諸施策の実施を強化すると共に、NISを更に促進するため、地方自治体や各省庁傘下の実施機関に展開することが課題です。この協力では、内閣府を中心にNIS実施促進に係る改善計画の作成、実施ユニットの機能強化などを通じて、NIS実施体制の更なる強化を図ります。

※各項目の説明や関連するJICAサイト内の情報については、ODA見える化サイトとはをご覧ください。

協力現場の様子

関連情報