労働安全衛生分野における職業訓練公社機能強化プロジェクト

(Project for Capacity Development of Vocational Training Corporation in the Field of Occupational Safety and Health)

【写真】プロジェクトの様子

国名
ヨルダン [協力地域地図(PDF)新しいウィンドウを開きます]
協力期間
2017年3月〜2021年2月
事業
技術協力
課題
社会保障

プロジェクトの紹介

ヨルダンでは労働災害が深刻で、年間1500件の死傷災害(うち150件が死亡災害)が発生しています。企業には国の認定を受けた安全衛生技術者の配置が義務付けられていますが、有資格者が不足しており、また、労働監督委員会は企業への訪問監督を実施しているものの、体制が不十分なため全事業所に法規を徹底させることが困難な状況です。職業訓練公社が所管する労働安全衛生センターでは、労働安全衛生に関する企業への支援、および労働安全衛生技術者の訓練を実施していますが、ヨルダン全土のニーズに対応するためには、既存のサービスの質を高めると共に、活動拠点の拡大が求められています。この協力では、アンマンにある労働安全衛生センターに加え、イルビット、アカバの2地域の職業訓練センターにおいて労働安全衛生に係る研修、技術・管理コンサルテーション、安全衛生意識向上に関するサービス提供能力を強化します。これにより同国における建設業、製造業企業の労働災害の防止に寄与します。

※各項目の説明や関連するJICAサイト内の情報については、ODA見える化サイトとはをご覧ください。

協力現場の様子