カルーン河上流域における参加型森林・草地管理能力強化プロジェクト

(The Project on capacity development for participatory forest and rangeland management in upper Karoon Basin)

【写真】プロジェクトの様子

国名
イラン [協力地域地図(PDF)新しいウィンドウを開きます]
協力期間
2018年6月〜2023年5月
事業
技術協力
課題
自然環境保全

プロジェクトの紹介

イランのカルーン河流域では、家畜の過放牧や薪炭のための森林伐採による土壌流亡や地すべり、洪水が発生し、流域住民の生活に影響を及ぼしています。この協力では、同国政府が推進する統合的流域管理(第6次国家5カ年計画に示されている、関係各省の横断的協力により実施する流域ごとの土砂保全手法)の実施強化、住民参加による流域管理体制の強化と、地域住民の生計向上を支援します。これにより総合的流域管理の実施能力の強化を図り、カルーン流域全体の保全に寄与します。

※各項目の説明や関連するJICAサイト内の情報については、ODA見える化サイトとはをご覧ください。

協力現場の様子

関連情報