全国運輸マスタープラン策定プロジェクト

Project for Formulation of National Transport Master Plan

実施中案件

国名
キューバ
事業
技術協力
課題
運輸交通
協力期間
2018年8月〜2020年9月

プロジェクト紹介

キューバの運輸交通インフラは、厳しい経済環境による資金や機材不足で、その維持管理活動は限定的となっています。近年の外国人観光需要を含めた輸送需要の増加も見込まれる中、社会経済状況の変化を踏まえ、全国運輸マスタープランが必要とされています。この協力では、全国運輸交通マスタープランを策定することにより、運輸交通インフラおよび老朽化した施設並びに機材が補修・維持管理・更新され、農業やエネルギーなどを含む社会経済分野における開発を促進し、またキューバ政府が自らマスタープランの更新を行う能力向上に寄与します。

協力地域地図

全国運輸マスタープラン策定プロジェクトの協力地域の地図

事業評価

協力現場の写真

  • 車両が少なく、バスを待っている人の様子 

  • トラックを改造したバス(カミオネス) 

  • 長距離バス(EON)のキャンセル待ちチケット売り場 

  • ハバナ-ピナルデルリオ間の高速道路の路面状況と、少ない交通状況 

  • 改修または架替えが必要な橋梁 

  • キューバで唯一の電化鉄道であるハーシー線(ハバナ~ハーシー(Hershey)~マタンサス)は、2018年の竜巻の影響で19年10月時点で運行停止となっている。 

  • 観光用タクシーとしても利用されているクラシックカー 

  • 2019年2月に開催された第一回合同調整会議(JCC)の様子 

  • バスターミナル利用客へのインタビュー調査(OD調査) 

  • カウンターパートによる国道における交通量調査 

関連情報

関連・連携プロジェクト

関連・連携プロジェクトはありません。

本プロジェクトの他の期・フェーズ

本プロジェクトの他の期・フェーズはありません。