主要病院における医療サービス向上のための医療機材整備計画

(The Project for Improvement of Medical Equipment for Strengthening Medical Services at Major Hospitals)

【写真】プロジェクトの様子

国名
キューバ [協力地域地図(PDF)新しいウィンドウを開きます]
贈与契約(G/A)締結
2016年9月
事業
無償資金協力
供与額
12.73億円
課題
保健医療

プロジェクトの紹介

キューバの生涯がん罹患リスク、死亡リスクおよび5年再発リスクは中南米地域の平均よりも高く、死亡原因1位となっています。保健省は、「国家がん対策戦略」を策定し、がん診療サービスの体制強化に取り組んでいます。全国八つのがん診療管区で、がん医療サービスネットワークを形成、各医療施設の連携と協力で運営しているものの、財政難の影響で医療機材不足、老朽化のため、適切な対応ができていません。また貧困層の多い東北、東南部は診療環境が整っていないため、他のがん診療管区へ通院を余儀なくされています。この協力では、主要医療施設において、がん診療に必要な医療機材を調達し、がん診断および低侵襲治療の強化を図ります。これにより、同国医療サービスの拡充と質の向上に寄与します。

※各項目の説明や関連するJICAサイト内の情報については、ODA見える化サイトとはをご覧ください。

協力現場の様子

関連情報