パラオ海洋養殖普及センター施設改善計画

(The Project for Renovation of Palau Mariculture Demonstration Center Facility)

【写真】プロジェクトの様子

国名
パラオ [協力地域地図(PDF)新しいウィンドウを開きます]
贈与契約(G/A)締結
2016年10月
事業
無償資金協力
供与額
6.69億円
課題
水産

プロジェクトの紹介

パラオの主要産業は水産業と観光業ですが、世界有数の豊かさを誇るサンゴ礁と奇観であるロック・アイランドの世界遺産登録により観光客が増加して水産需要が増え、特に珍重して食べられるシャコガイのうち天然物は採取も容易なため、枯渇の危機に瀕しています。パラオ政府は、天然シャコ貝の採取を禁止し、食用シャコ貝を養殖物に限定しましたが、国内で唯一シャコガイ養殖の普及を実施しているパラオ海洋養殖普及センターは、施設の老朽化や幼生飼育水槽の破損により種苗生産に支障をきたしています。この協力では、同センターの施設および機材整備によってシャコガイ種苗生産能力の強化を図り、経済成長基盤の強化及び環境保護啓発に寄与します。

※各項目の説明や関連するJICAサイト内の情報については、ODA見える化サイトとはをご覧ください。

協力現場の様子

関連情報