第二次ザンジバル・マリンディ港魚市場改修計画

(The Project for Development of Malindi Fish Landing and Marketing Facilities in Zanzibar(Phase 2))

【写真】プロジェクトの様子

国名
タンザニア [協力地域地図(PDF)新しいウィンドウを開きます]
贈与契約(G/A)締結
2017年1月
事業
無償資金協力
供与額
0.68億円
課題
水産

プロジェクトの紹介

タンザニアのザンジバルは、水産業が主要産業となっており、雇用の面でも重要な役割を担っています。しかしながら、ザンジバル最大の鮮魚流通拠点となるマリンディ漁港は、水揚げ場が崩落しており危険な状態であるほか、炎天下での仲買、卸、セリ、小売、加工は日射による鮮度劣化が著しい状況にあります。この協力では、同港魚市場における水揚げ岸壁、市場等の改修・整備及び関連機材の調達を支援します。これにより、漁民や魚運搬人、仲買人に対してより安全で衛生的・効率的な作業環境の実現を図り、品質の良い水産物の安定的な供給に寄与します。

※各項目の説明や関連するJICAサイト内の情報については、ODA見える化サイトとはをご覧ください。

協力現場の様子

関連情報