国道四号線橋梁架け替え計画

(The Project for Reconstruction of Bridges on Primary National Highway No. 4)

【写真】プロジェクトの様子

国名
ブータン [協力地域地図(PDF)新しいウィンドウを開きます]
贈与契約(G/A)締結
2016年12月
事業
無償資金協力
供与額
21.56億円
課題
運輸交通

プロジェクトの紹介

ブータンの主な道路ネットワークは国土の東西に走る国道一号線と、インド国境まで南下する4本の国道(国道二〜五号線)です。このうち、国道四号線は、国内の人の移動・物流の重要路線であり、またこの路線沿いに今後経済を牽引するであろうマンデチュ水力発電所の建設が進行中のため、その建設のための輸送ルートとして重要な役割を果たしています。しかし、同国道に架かる橋梁の中には、老朽化し現行設計基準を満たしていないものもあり、早急に改修を行う必要があります。この協力では、国道四号線上の4橋(テレガンチュ橋、ベテ二橋、サムカラ橋、パッサン橋)の架け替えを行います。これにより、橋梁の性能と安全性を向上させ、安定的な運輸交通を図り、地域の経済活性化促進、地方部の生活改善に寄与します。

※各項目の説明や関連するJICAサイト内の情報については、ODA見える化サイトとはをご覧ください。

協力現場の様子

関連情報