マグウェイ総合病院整備計画

The Project for Improvement of Magway General Hospital

実施中案件

国名
ミャンマー
事業
無償資金協力(贈与契約(G/A))
課題
保健医療
贈与契約(G/A)締結
2017年4月
供与額
22,81億円

プロジェクト紹介

ミャンマーの保健医療セクターは、近年改善が見られるものの、依然母子保健の現状は悪く、特にマグウェイ地域では、5歳未満児死亡率が全国平均よりも高くなっています(出生千人に対して108人、2014年時)。地域の中核病院であるマグウェイ総合病院は、施設・機材の破損や老朽化が進む一方、病床占有率が100パーセントを超え病床数が不足し、患者の療養環境は劣悪です。また、院内の移動動線が整備されていないため、救急患者の移動に時間を要するなど、適切なサービス提供が困難な状況になっています。この協力では、マグウェイ総合病院の施設および機材を整備します。これにより、同病院の医療サービスの向上を図り、地域住民の生活向上に寄与します。

協力地域地図

マグウェイ総合病院整備計画の協力地域の地図

事業評価

協力現場の写真

  • 完成予想図(鳥瞰図) 

  • 完成予想図(計画建物北面) 

関連情報