ディーゼル発電機メンテナンス能力強化プロジェクト

The Project of Capacity Development for Diesel Generator Maintenance

実施中案件

国名
リベリア
事業
技術協力
課題
資源・エネルギー
協力期間
2019年12月〜2022年3月

プロジェクト紹介

リベリアでは、1989年から2003年まで続いた内戦の間に、国内の発電施設がほぼ完全に破壊されました。リベリア電力公社(LEC)の発電能力は低く、供給が安定していない上に、電気料金も周辺諸国を含む地域の最高水準であるため、企業・ホテル等のほとんどはLECの電気を購入せず、自前の発電機を利用していました。日本政府は無償資金協力「モンロビア市電力復旧計画」により、首都モンロビア周辺に電力を供給するブッシュロッド発電所に計10メガワットのディーゼル発電機を2016年に設置しました。しかし、大型発電機の運用についてLECのエンジニア・技術スタッフの知識・技術はまだ十分ではなく、特に重油を燃料とする場合の経験はほとんどない状態です。本協力は、LECのエンジニア・技術スタッフが、ディーゼル発電機の定期メンテナンススキル、トラブルシューティングのノウハウ・実践的なスキル、予防保全の知識・スキル、持続可能な電力供給の方法論などの重油発電施設の適切な運用・整備に必要な知識・経験の習得を支援し、同市内の発電施設が良好な状態に整備され、安定的な電力供給がなされることに寄与します。

協力地域地図

ディーゼル発電機メンテナンス能力強化プロジェクトの協力地域の地図

協力現場の写真

  • JICA無償資金協力プロジェクトの銘板 

  • 発電所棟 外観 

  • 発電所棟 内観 

  • ディーゼル発電機(1) 

  • ディーゼル発電機(2) 

  • ディーゼル発電機(3) 

  • ディーゼル発電機 1号機 

  • ディーゼル発電機 2号機 

  • 補機置場 

  • ポンプ室棟内ポンプ室 内観 

関連情報

関連・連携プロジェクト

本プロジェクトの他の期・フェーズ

本プロジェクトの他の期・フェーズはありません。

関連記事等

関連記事等はありません。