警備能力向上プロジェクト

The Project for Strengthening Crime Prevetion Capacity of Bangladesh Police

実施中案件

国名
バングラデシュ
事業
技術協力
課題
ガバナンス
協力期間
2019年3月〜2023年2月

プロジェクト紹介

バングラデシュは、過去10年以上にわたり平均6パーセントのGDP成長率を達成しており、安定した経済成長を背景に、日本企業の進出も拡大しつつあります。一方で、2013年以降イスラム原理主義者等による襲撃事件が増加し、2016年7月には日本人を含む28名が犠牲となるダッカ襲撃テロ事件が発生しました。これら一連の事件等を受け、同国政府は、バングラデシュ警察を中心とした公共安全及び治安維持に係る取り組みを一層強化しています。しかしながら、警備・パトロール活動等については、現場警察官の人員不足、適切な警備計画の策定や日報等の報告・モニタリングの仕組み等に課題を抱えています。本協力では、ガイドライン/マニュアルの作成、研修プログラムの改善、設備整備計画の作成により、バングラデシュ警察の警備体制の強化及び警備能力向上に寄与します。

協力地域地図

警備能力向上プロジェクトの協力地域の地図

協力現場の写真

  • ダッカ首都圏警察の幹部との写真 

  • ワークショップの様子 

  • 警察本部の幹部との打合せ 

  • 本邦研修セミナー 

関連情報

関連・連携プロジェクト

関連・連携プロジェクトはありません。

本プロジェクトの他の期・フェーズ

本プロジェクトの他の期・フェーズはありません。

関連記事等

関連記事等はありません。