在来知と生態学的手法の統合による革新的な森林資源マネジメントの共創プロジェクト

(The Project of Co-creation of Innovative Forest Resources Management Combining Ecological Methods and Indigenous Knowledge)

【写真】プロジェクトの様子

国名
カメルーン [協力地域地図(PDF)新しいウィンドウを開きます]
協力期間
2018年7月〜2023年7月
事業
技術協力
課題
自然環境保全

プロジェクトの紹介

カメルーンは国土面積の約4割が森林に覆われ、ゴリラやチンパンジー、マルミミゾウなど希少かつ絶滅の危機に瀕した哺乳類が生息しています。一方で、国立公園近辺に暮らす住民は、食料、燃料、医薬品などを森林資源に依存しているほか、人口増加に伴う農地開発と森林減少・劣化や、密猟者の流入問題もあり、政府と住民の協働による持続的な野生動物の管理対策が課題です。この協力では、東部州地域において地域住民主体の野生動物および非木材森林産物の持続的利用に関するロードマップの作成を支援します。地域住民が主体的に運用を担うことで、野生動物と非木材森林産物の持続的利用の強化に寄与します。

※各項目の説明や関連するJICAサイト内の情報については、ODA見える化サイトとはをご覧ください。

協力現場の様子

関連情報