持続可能な開発目標(SDGs)実施体制強化プロジェクト

Project for Strengthening Framework of Implementation of Sustainable Development Goals (SDGs)

実施中案件

国名
インドネシア
事業
技術協力
課題
ガバナンス
協力期間
2019年3月〜2022年3月

プロジェクト紹介

2015年の国連持続可能な開発サミットにおいて採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」に基づき、国際社会が2030年までに貧困を撲滅し、持続可能な社会を実現するための重要な指針として、持続可能な開発目標(以下SDGsという)が設定されました。具体的には、SDGsにおいては、貧困、飢餓、エネルギー、気候変動、平和などの分野における17の目標(ゴール)と169のターゲットが設定されており、すべての国が目標の達成に向かって努力する必要があります。インドネシア政府は、国家開発計画庁(BAPPENAS)が中心となって、国連におけるSDGsに関する議論に積極的に関与し、2016年1月にはBAPPENAS内にSDGs事務局を設置し、具体的な取り組みに着手しています。本協力では、インドネシアの実情に即してSDGsの国家目標/指標を設定の上、SDGsを達成するための計画および政策の策定、モニタリング/評価のメカニズムの構築・運用を支援することにより、同国におけるSDGs達成のための実施体制の強化に寄与します。

協力地域地図

持続可能な開発目標(SDGs)実施体制強化プロジェクトの協力地域の地図

事業評価

協力現場の写真

  • Aceh州でのSDGs地方行動計画ガイダンス(写真提供:国際開発センター(IDCJ)) 

  • SDGs地方行動計画ワークショップ SDGsセンター教員コメント(写真提供:国際開発センター(IDCJ)) 

  • Bengkulu大学SDGsセンター(写真提供:国際開発センター(IDCJ)) 

  • SDGsサミットのJICAブース前集合写真 

関連情報

関連・連携プロジェクト

関連・連携プロジェクトはありません。

本プロジェクトの他の期・フェーズ

本プロジェクトの他の期・フェーズはありません。