産業集積地におけるArea-BCMの構築を通じた地域レジリエンスの強化

(The project on regional resilience enhancement through establishment of Area-BCM at industry complexes in Thailand)

【写真】プロジェクトの様子

国名
タイ [協力地域地図(PDF)新しいウィンドウを開きます]
協力期間
2018年7月〜2023年7月
事業
技術協力
課題
水資源・防災

プロジェクトの紹介

2011年、タイでは熱帯低気圧および台風が次々と襲来し、チャオプラヤ川流域においては大洪水が発生しました。バンコク北部の八つの工業団地が浸水被害にあい、日系企業を含む世界全体のサプライチェーンは、大きな打撃を受けました。従来の個別企業単位の事業継続マネジメントでは対応に限界があったため、この協力では、グローバルサプライチェーンの主要拠点である産業集積地において、災害リスクが産業に与える影響を地域ごとに可視化する地域型事業継続マネジメント(Area-BCM)の手法を開発するとともに、この運用体制の構築を図り、自然災害に強い地域社会の実現を支援します。

※各項目の説明や関連するJICAサイト内の情報については、ODA見える化サイトとはをご覧ください。

協力現場の様子

関連情報