中南部地域中等学校環境改善計画

(The Project for Improving Secondary School Environment in the Central and Southern Provinces)

【写真】プロジェクトの様子

国名
ラオス [協力地域地図(PDF)新しいウィンドウを開きます]
贈与契約(G/A)締結
2017年10月
事業
無償資金協力
供与額
13.69億円
課題
教育

プロジェクトの紹介

ラオスでは、より高度な技術に対応可能な識字、基礎的計算能力等を備えた産業人材育成のニーズが高まっています。同国の初等教育については、学校数の増加により学校環境・アクセスが改善されてきましたが、中等教育の就学率はまだ低く(全国平均78.1パーセント)、特に貧困率の高い中南部4件(カムアン県、サバナケット県、サラワン県、チャンパサック県)では、50〜60パーセント台と全国平均と比べて更に低く、一部の中等学校は施設の老朽化により適切な学習環境が維持できない状況です。この協力は、ラオス中南部4県において、中等学校の施設および設備を整備し、中等教育へのアクセス・教育環境の改善を図ることで、中等教育の質の向上および教育現場の整備と人材育成に寄与します。

※各項目の説明や関連するJICAサイト内の情報については、ODA見える化サイトとはをご覧ください。

協力現場の様子

関連情報