災害用緊急時移動通信網整備計画

(The Project for the Construction of Disaster-Resilient Emergency Mobile Network)

【写真】プロジェクトの様子

国名
ブータン [協力地域地図(PDF)新しいウィンドウを開きます]
贈与契約(G/A)締結
2017年12月
事業
無償資金協力
供与額
9.79億円
課題
情報通信技術、水資源・防災

プロジェクトの紹介

ブータンは国土のおよそ半分が急峻な地形であるため各地域間のアクセスが悪く、孤立している地域が多く存在します。頻発する地震や土砂災害などの自然災害に対応するためには確実で安定的な通信手段の確保が不可欠です。携帯電話の普及率は80パーセント以上と市民の情報伝達の主要な手段であるものの、通信システムが冗長化されていないため、災害時に携帯電話の通信が途絶するリスクがあります。この協力では、ブータンのジャカール市において、移動体通信ネットワークの冗長化のためのシステムを整備します。これにより、国内の通信状況が改善され安定的な通信が可能になり、リスク軽減につながることが期待されます。

※各項目の説明や関連するJICAサイト内の情報については、ODA見える化サイトとはをご覧ください。

協力現場の様子

関連情報