テヘラン市医療機材整備計画

(The Project for the Improvement of Medical Equipment in Tehran City)

【写真】プロジェクトの様子

国名
イラン [協力地域地図(PDF)新しいウィンドウを開きます]
贈与契約(G/A)締結
2018年2月
事業
無償資金協力
供与額
15.34億円
課題
保健医療

プロジェクトの紹介

イランでは、非感染性疾患による死亡者数が増加傾向にあり、死亡原因に占めるその割合は、76パーセントと世界平均(65.5パーセント)よりも高くなっています。同国では、長期間に及ぶ経済制裁に起因する外貨不足により、医療機材の老朽化と不足が常態化し、診療を行う環境が整っていない状態です。特に地域格差が大きく貧困層の多いテヘラン市東部において、非感染症疾患の医療ニーズが高まっており、医療機材の整備が課題です。この協力では、テヘラン市東部のイマーム・フセイン総合病院およびアラシュ女性病院において、がんと循環器系疾患に関する早期発見・治療に必要な機材を整備し、同市の医療サービスの質の改善に寄与します。

※各項目の説明や関連するJICAサイト内の情報については、ODA見える化サイトとはをご覧ください。

協力現場の様子

関連情報