北部シリア難民受入地域廃棄物処理機材整備計画

(The Project for the Improvement of Waste Management Equipment in Northern Region Hosting Syrian Refugees)

【写真】プロジェクトの様子

国名
ヨルダン [協力地域地図(PDF)新しいウィンドウを開きます]
贈与契約(G/A)締結
2018年5月
事業
無償資金協力
供与額
16.31億円
課題
環境管理、平和構築

プロジェクトの紹介

ヨルダンでは、シリア難民流入による人口増加の影響もあり廃棄物が増加していますが、廃棄物処理機材の老朽化や不足のため処理が追い付いていません。それがさらなる不法投棄の増加、廃棄物の不適正処分や野焼きの増加につながっており、環境汚染や衛生面で問題が発生しています。この協力では、ヨルダン北部シリア難民受入れ地域を対象に、廃棄物にかかる中継基地および最終処分場に必要な機材を整備することにより、同地域の衛生・生活環境改善に寄与します。

※各項目の説明や関連するJICAサイト内の情報については、ODA見える化サイトとはをご覧ください。

協力現場の様子

関連情報