沿岸部及び内陸水域における救助能力強化計画

(The Project for Improvement of Rescue Capacities in the Coastal and Inland Waters)

【写真】プロジェクトの様子

国名
バングラデシュ [協力地域地図(PDF)新しいウィンドウを開きます]
贈与契約(G/A)締結
2018年8月
事業
無償資金協力
供与額
27.29億円
課題
運輸交通

プロジェクトの紹介

バングラデシュでは、内陸河川部において水上交通が多く利用されています。なかでも南部では北部の3倍以上もの河川交通が集中しており、船舶事故が多発しています。また毎年サイクロンが来襲し、沿岸部での遭難事故が多発するなど、自然災害の影響を受けやすい地域でもあります。過去に日本から救助艇が供与されましたが、30年近く使用され老朽化していることから救助活動が遅れるケースが多発しています。この協力では、同国沿岸警備隊に救助艇を整備することにより、船舶事故や自然災害発生時の迅速な救助・救援体制の強化を図り、被害の軽減に寄与します。

※各項目の説明や関連するJICAサイト内の情報については、ODA見える化サイトとはをご覧ください。

協力現場の様子

関連情報