ラゴス変電設備緊急復旧・増強計画

(The Project for Emergency Rehabilitation and Reinforcement of Lagos Transmission Substations)

【写真】プロジェクトの様子

国名
ナイジェリア [協力地域地図(PDF)新しいウィンドウを開きます]
贈与契約(G/A)締結
2018年11月
事業
無償資金協力
供与額
23.49億円
課題
資源・エネルギー

プロジェクトの紹介

ナイジェリアのラゴス州のアパパロード変電所は、同国最大の港湾であるラゴス港を含む港湾施設や周辺産業地域および一般家庭に電力を供給しています。しかし年々増加する電力需要に変電容量が追い付かず、また、設備の老朽化や維持管理不足、送電系統の脆弱さなどにより、周辺の商業施設や一般家庭でも停電が頻発しています。この協力では、同変電所の復旧・増強を行うことにより、ラゴス中心部での電力供給の安定性および信頼性向上を図り、周辺地区の持続的な経済・社会発展の促進に寄与します。

※各項目の説明や関連するJICAサイト内の情報については、ODA見える化サイトとはをご覧ください。

協力現場の様子

関連情報