オキナワ道路整備計画

【写真】プロジェクトの様子

国名
ボリビア [協力地域地図(PDF)新しいウィンドウを開きます]
贈与契約(G/A)締結
2018年9月
事業
無償資金協力
供与額
42.49億円
課題
運輸交通

プロジェクトの紹介

内陸国ボリビアの道路は、輸出入貨物の約7割を担う重要な輸送手段です。しかし厳しい自然条件や起伏に富んた地形により、道路の舗装率は8.5パーセントにとどまっており、地域発展や物流の妨げとなっています。この協力では、同国の農業生産地域と経済都市であるサンタクルス市を結ぶオキナワ道路(19.1キロメートル)において、道路の舗装および改良を行います。オキナワ道路は、南米域内(ブラジル、ペルー、チリ、アルゼンチン)とボリビアを結ぶ国際道路ネットワークの一部を形成する道路でもあることから、国内外の物流改善・経済の発展に寄与します。

※各項目の説明や関連するJICAサイト内の情報については、ODA見える化サイトとはをご覧ください。

協力現場の様子