地方防災計画策定・実施能力強化プロジェクト

The Project for Capacity Enhancement on Formulation and Implementation of Local Disaster Risk Reduction Plan

実施中案件

国名
バングラデシュ
事業
技術協力
課題
水資源・防災
協力期間
2020年12月〜2024年12月

プロジェクト紹介

バングラデシュは、国土の約9割が標高10メートル以下であり、雨季には国土の約20パーセントが浸水します。また、ほぼ毎年来襲するサイクロンにより災害が頻発し、社会・経済の持続的発展を阻害する要因となっています。同国では、2012年に防災法が施行され、防災救援省及び防災局が中心となり、防災関連計画及び法体制の整備を実施しています。しかし、依然として防災局職員には災害リスク削減という概念が浸透しておらず、特に地方レベルにおける関係機関を巻き込んだ災害リスク削減に向けた取り組みは十分でありません。また、防災法により各地方自治体の災害管理委員会が策定すると定められた地方レベルの防災計画は、ほとんどの地方において存在していません。本協力は、同国における防災関連機関職員の能力向上及び地方防災計画策定・展開・実施に向けての体制構築を行うことにより、事前防災の概念の浸透及び事前防災投資の促進を図り、地域毎の災害リスクの効果的な削減に寄与します。

協力地域地図

地方防災計画策定・実施能力強化プロジェクトの協力地域の地図

事業評価

協力現場の写真

  • 豪雨時の河岸浸食による被災地(写真提供:(株)オリエンタルコンサルタンツグローバル) 

  • 豪雨時の河岸浸食による被災地(写真提供:(株)オリエンタルコンサルタンツグローバル) 

  • 北東部ハオール地域(写真提供:(株)オリエンタルコンサルタンツグローバル) 

  • 北東部ハオール地域(写真提供:(株)オリエンタルコンサルタンツグローバル) 

  • ハオール地域の道路からの景色(写真提供:(株)オリエンタルコンサルタンツグローバル) 

  • 南東部丘陵地の切土面崩壊(写真提供:(株)オリエンタルコンサルタンツグローバル) 

  • Flash Flood(鉄砲水)による道路被害(写真提供:(株)オリエンタルコンサルタンツグローバル) 

関連情報

関連・連携プロジェクト

関連・連携プロジェクトはありません。

本プロジェクトの他の期・フェーズ

本プロジェクトの他の期・フェーズはありません。

関連記事等

関連記事等はありません。