• ホーム
  • 協力形態から探す
  • 世界の台所を目指すタイにおける家畜生産と食品安全に関する新技術導入による畜産革命の推進プロジェクト

世界の台所を目指すタイにおける家畜生産と食品安全に関する新技術導入による畜産革命の推進プロジェクト

The Project for the Acceleration of Livestock Revolution in Thailand aiming to be the Kitchen of the World through the Development of Novel Technologies for Stable Livestock Production and Food Safety

実施中案件

国名
タイ
事業
技術協力
課題
農業開発/農村開発
協力期間
2020年5月〜2025年4月

プロジェクト紹介

アジア諸国では、現在、急速に畜産振興が進んでおり、「畜産革命」と表現されています。タイ政府は、「世界の台所」(2002年)や「肉用牛・水牛生産振興策」(2006年)など、畜産物(鶏肉、卵、豚肉、牛肉や酪農製品)の生産増加と輸出振興に関する政策を積極的に進めてきました。その結果、畜産物の国内消費量、輸出量とも増加しました。他方、同国は口蹄疫や鳥インフルエンザなど越境性家畜感染症の発生のため、長年にわたり畜産物の輸出が制限されるなど経済的な損失を被ってきました。さらに食中毒菌の食肉への汚染も、安全な食糧の供給の阻害要因となっています。本協力は、同国において、口蹄疫を始めとする家畜における重要感染症の鑑別診断システムと流行予測モデルを使った感染症初動防疫システム、および畜産製品の病原体汚染防止技術の開発を行うことにより、タイにおける統合家畜防疫技術の確立を図り、安定的かつ持続可能な家畜生産と安全な畜産製品を供給できる体制の構築に寄与します。

協力地域地図

世界の台所を目指すタイにおける家畜生産と食品安全に関する新技術導入による畜産革命の推進プロジェクトの協力地域の地図

事業評価

協力現場の写真

  • タイ畜産開発局での詳細計画策定調査(写真提供:宮崎大学) 

  • ミニッツオブミーティングに関する全体会議(写真提供:宮崎大学) 

関連情報

関連・連携プロジェクト

関連・連携プロジェクトはありません。

本プロジェクトの他の期・フェーズ

本プロジェクトの他の期・フェーズはありません。

関連記事等

関連記事等はありません。