地熱開発における中長期的な促進制度設計支援プロジェクトフェーズ2

Technical Assistance for Geothermal Development Acceleration in Indonesia

実施中案件

国名
インドネシア
事業
技術協力
課題
資源・エネルギー
協力期間
2020年10月〜2023年9月

プロジェクト紹介

インドネシアは世界有数の地熱発電の開発ポテンシャルを有しており、今後の電力需要の増大や、温室効果ガス排出の削減を図る上で大きな役割が期待されています。同国政府は、地熱開発で生じる試掘の失敗などの事業リスクの負担軽減を目的として、試掘資金拠出のための「地熱発電試掘ファンド」を2011年に設立しました。また、同国政府は電力供給総合計画(2019-2028)において、2028年時点の地熱発電設備容量を19年の約2,000メガワットから3倍増の約6,000メガワットに増加させることとしており、地熱開発を推進しています。本協力(フェーズ2)では、地熱開発を促進する政策・制度の整備支援、関係機関の能力強化、マスタープランの改訂を行うことにより、地熱開発促進政策の整備・運用を図り、同国における地熱開発の促進に寄与します。

協力地域地図

地熱開発における中長期的な促進制度設計支援プロジェクトフェーズ2の協力地域の地図

事業評価

協力現場の写真

  • フェーズ1におけるJCC(合同調整委員会)の様子(写真提供:西日本技術開発株式会社) 

  • フェーズ1におけるセミナーの様子(写真提供:西日本技術開発株式会社) 

関連情報

関連・連携プロジェクト

関連・連携プロジェクトはありません。

関連記事等

関連記事等はありません。