栄養センシティブ農業モデル村構築プロジェクト

Nutrition Sensitive Agriculture Model Village Establishment Project

実施中案件

国名
エチオピア
事業
技術協力
課題
農業開発/農村開発
協力期間
2022年7月~2025年6月

プロジェクト紹介

エチオピアでは、高い栄養不良率による経済の減速が問題となっており、エチオピア政府は「栄養センシティブ農業(NSA)5」を推進し、2016年にはNSA戦略を策定しました。これに沿って作物生産・農業収入・女性のエンパワーメントを栄養改善の3本のパスウェイと捉え、母子の栄養改善を経て、健康で生産的な労働力を輩出し、国家の経済成長に向かうというプロセスを目指しています。本事業は、NSAモデル村設立実施体制を構築し、関連する担当農業職員を研修した上で、NSA介入を参加型手法により実施します。そして、その結果をスケールアップのために取りまとめ、文書化されることにより、NSAモデル村の設立を図ります。

(1) 上位目標
栄養センシティブ農業(NSA)モデル村のコンセプトがアムハラ州とオロミア州の他の村にスケールアップされる。
(2) プロジェクト目標
パイロットNSAモデル村がオロミア州及びアムハラ州で設立される。
成果1
パイロット NSA モデル村導入のための実施体制が国家 NSA 戦略に基づいて構築される。
成果2
パイロット NSA モデル村担当農業職員(州・Zone・Woreda・Kebele の各レベル)が NSAモデル村コンセプトについて研修を受ける。
成果3
パイロット NSA モデル村で NSA 介入が参加型方法によって実施される。
成果4
NSAモデル村で実践された活動が集積され、スケールアップのために取りまとめ、文書化される。

協力地域地図

栄養センシティブ農業モデル村構築プロジェクトの協力地域の地図

事業評価

協力現場の写真

  • 連邦農業省、州農業局を対象としたプロジェクトローンチングワークショップ 

  • 対象サイト選定においてカウンターパート機関職員と共に農家に聞き取りを行う様子 

  • 家庭菜園の水やりが負担にならないか、サイト選定においては水源も確認 

  • 対象サイトのメイン圃場は穀類生産が中心、家庭菜園を中心に作物の多様化を推進する 

  • 対象コミュニティにおける昼食風景、緑黄色野菜摂取の推進が求められる 

  • 家庭菜園では女性が中心的な役割を果たす 

  • 第1回合同調整委員会における協議 

  • ゾーン、郡、村のオフィサーを対象とした栄養センシティブ農業研修 

  • 栄養センシティブ農業研修でアクションプランを発表する参加者 

  • 栄養センシティブ農業研修における州農業局職員によるWASHの講義 

関連情報

関連・連携プロジェクト

関連・連携プロジェクトはありません。

本プロジェクトの他の期・フェーズ

本プロジェクトの他の期・フェーズはありません。

関連記事等

関連記事等はありません。