新型コロナウイルス感染症危機対応緊急支援計画

The Programme for COVID-19 Crisis Response Emergency Support

実施中案件

国名
ガーナ
事業
無償資金協力(贈与契約(G/A))
課題
保健医療
贈与契約(G/A)締結
2021年9月
供与額
2.17億円

プロジェクト紹介

ガーナのCOVID-19感染者は累計で94,228人(死者数787人)(2021年6月2日時点、ガーナ保健省発表)であり、変異株の流入もあり2021年1月から2月には、新規感染者数に加え、死者、重症者が急増しました。同国では「新型コロナウイルス対策国家戦略」を策定し、ワクチン接種をCOVID-19対策の最優先課題と位置付け、COVAX facility等を通じたワクチンの調達、優先接種対象者への接種も開始されています。他方、ワクチンが国内各地で適切に運搬・保管され、効果的かつ安全に接種されるためには体制整備が必要であり、特に州から郡以下へワクチンを運搬する機材に加え、2018年12月に分割された新設州ではそのコールドルームが不足しており、この充足が急務となっています。
この協力は、ワクチン接種に要する関連機材を整備することにより、COVID-19ワクチンの効果的で安全な接種体制の構築を図り、同国のワクチン接種率の向上並びにCOVID-19の早期収束に寄与します。

協力地域地図

新型コロナウイルス感染症危機対応緊急支援計画の協力地域の地図

事業評価

協力現場の写真

  • 現地調査の様子・コールドルーム設置予定の建物 

  • 現地調査の様子・整備前のコールドルームの様子 

関連情報

関連・連携プロジェクト

関連・連携プロジェクトはありません。

本プロジェクトの他の期・フェーズ

本プロジェクトの他の期・フェーズはありません。

関連記事等

関連記事等はありません。