工業分野省エネルギー

The Industrial Energy Conservation Project

終了案件

国名
アルゼンチン
事業
技術協力
課題
資源・エネルギー
協力期間
1995年7月〜2000年6月

プロジェクト紹介

アルゼンチンは、肥沃な土地と天然資源に恵まれた国ですが、国内のエネルギー消費が増加の一途を辿っているにもかかわらず、長期にわたる経済活動の停滞により工業分野の設備は老朽化しておりエネルギー使用効率が低い水準にありました。同国政府は、国立工業技術院(INTI)などを通じ、工場への指導や工場エネルギー消費状況の調査を実施してきましたが、診断技術・機材などの面で多くの問題を抱えていました。この協力では、INTIにある省エネルギー研究開発センターにおいて省エネルギーを推進・指導する人材の育成やエネルギー管理者を育成したり省エネルギーを啓蒙・普及するための機能の強化を支援しました。これにより、同国工業分野における省エネルギーの推進に貢献しました。

協力地域地図

工業分野省エネルギーの協力地域の地図

事業評価

協力現場の写真

  • 新規建物建設予定地 

  • 新規建物建設予定地 

  • 倉庫 

  • 実習用プラント建屋施工開始 

  • 会議室 

  • 討議議事録等署名交換 

関連情報

関連・連携プロジェクト

関連・連携プロジェクトはありません。

本プロジェクトの他の期・フェーズ

本プロジェクトの他の期・フェーズはありません。