家族計画・母子保健プロジェクト

The Maternal and Child Health Improvement Project in North

国名
ブラジル
事業
技術協力
課題
保健医療
協力期間
1996年4月〜2001年3月

プロジェクト紹介

ブラジルの北部および東北部においては、保健医療体制が脆弱で、同国政府は1988年に南北挌差是正を目的に、統一保健システム(SUS)を制定し、乳幼児保健計画、女性保健計画などを策定し社会的弱者への医療対策を強化してきましたが、東北部の貧困層には未だ必要最低限の医療サービスが行き届いていない状況でした。この協力では、東北部を対象に母子保健従事者の意識、知識および技術の向上や性感染病の予防に向けた住民の意識および行動の改善などを支援しました。これにより、同国東北部における母子保健サービスの改善に寄与しました。

協力地域地図

家族計画・母子保健プロジェクトの協力地域の地図

事業評価

協力現場の写真

  • アラカチ市保健局との協議 

  • 正常分娩と帝王切開の月ごとの件数を表示する表(Santa Luisa de Marillac病院) 

  • イタイサーバ市保健所の分娩室 

  • パリプエラ地区の野菜試験栽培所 

  • セアラ州立セザーカウス病院内「お産を待つ家」 

  • 供与機材配布式典 

関連情報

関連・連携プロジェクト

関連・連携プロジェクトはありません。

本プロジェクトの他の期・フェーズ

本プロジェクトの他の期・フェーズはありません。