鉱山保安技術向上

Improvement of Mine Safety Technologies

終了案件

国名
トルコ
事業
技術協力
課題
資源・エネルギー
協力期間
1995年11月〜2000年10月

プロジェクト紹介

トルコ政府は、国内の電力不足に対応するため石炭開発政策を進めていますが、炭鉱での死亡災害事故が多発しており、特に1992年にコズル炭鉱で発生したガス・炭塵爆発事故は、死者265名もの大惨事となりました。この協力では、同国石炭公社に対し、安全管理技術、災害未然防止技術の向上などを目的とした人材育成や安全機器の管理体制の確立などを支援しました。これにより、同公社における炭鉱管理・安全管理者の安全に対する意識の向上に寄与するとともに、同公社を通じて民間企業にもノウハウが普及されるなど自立発展性にも貢献しました。

協力地域地図

鉱山保安技術向上の協力地域の地図

事業評価

協力現場の写真

  • 議事録署名・交換 

  • 供与機材設置状況(COマスク、自己救命器、呼吸器・保守管理システム) 

  • 供与機材設置状況(COマスク、自己救命器、呼吸器・保守管理システム) 

関連情報

関連・連携プロジェクト

関連・連携プロジェクトはありません。

本プロジェクトの他の期・フェーズ

本プロジェクトの他の期・フェーズはありません。

関連記事等

関連記事等はありません。