公衆衛生プロジェクト

Community Health Sciences Project

終了案件

国名
マラウイ
事業
技術協力
課題
保健医療
協力期間
1994年9月〜2000年8月

プロジェクト紹介

マラウイでは、マラリア、結核、住血吸虫症などの感染症による乳幼児死亡率が特に高く、保健医療政策上、感染症患者の早期発見と予防体制の確立が重要な課題となっていました。同国保健省は世界銀行の支援により国立衛生研究所を設立しましたが、診断技術を有する人材不足のため施設や機材の活用が不十分な状況でした。この協力では、同研究所において感染症検査、微生物発見にかかる技術水準の向上や、モデル地区における疫学感染症サーベイランス・ネットワークの確立などにかかる人材育成を支援しました。これにより、モデル地区における感染症を原因とする死亡率の低下に寄与しました。

協力地域地図

公衆衛生プロジェクトの協力地域の地図

事業評価

協力現場の写真

  • 国立公衆衛生研究所(以下、CHSU)外観 

  • CHSU統計情報室 

  • CHSU生化学検査室(HIV検査) 

  • CHSU細菌検査室 

  • CHSU結核検査室排気管 

  • CHSU倉庫(未使用の試薬など) 

  • CHSU焼却場(焼却炉がないため畑で焼却する) 

  • サリマ地区保健所のコレラ患者隔離病棟 

  • サリマ郡病院検査室 

  • ムチンジ地区病院内部 

関連情報

関連・連携プロジェクト

関連・連携プロジェクトはありません。

本プロジェクトの他の期・フェーズ

本プロジェクトの他の期・フェーズはありません。

関連記事等

関連記事等はありません。