マジュロ環礁道路整備計画

The Project for Improvement of the Road in Majuro Atoll

国名
マーシャル
事業
無償資金協力(交換公文(E/N))
課題
運輸交通
交換公文(E/N)署名
1997年7月
供与額
14.20億円

プロジェクト紹介

マーシャルのマジュロ環礁の幹線道路は、社会的・経済的に重要な役割を果たしています。しかし、道路の劣化が激しく、維持管理も十分に行われていませんでした。また、排水施設の整備が不十分であるため、降雨時や満潮時に路面滞水が著しく、通行の障害となっていました。この協力では、破損が激しく交通量の多い空港と政府機関、産業施設および住宅の多いデラップ、ウリガ、リタ地区を結ぶ区間を対象に、舗装補修・排水施設の整備を支援しました。これにより、空港から市街地までの所要時間が約4分の1に短縮されるなど、交通が効率化されるとともに、安全性の向上に寄与しました。

事業評価

協力現場の写真

  • この協力で整備されたマジュロ環礁の幹線道路始点。 

  • 左手にはラグーン内の海が見える。 

  • 小学校の前には車両のスピードを減速させるためバンプが設置されている。 

  • 側溝が整備されているため、降雨時も交通に支障はない。 

  • 日本による支援で建設された橋が架かる地点。 

  • 日本による支援で建設された教育文化センター前の道路。 

  • 正面に見えているのは政府庁舎。 

  • 政府庁舎の前には日本からの支援であることを示すプロジェクトの銘鈑が設置されている。 

  • 繁華街にあたる地点。 

  • 道路終点。 

関連情報

関連・連携プロジェクト

関連・連携プロジェクトはありません。

本プロジェクトの他の期・フェーズ

本プロジェクトの他の期・フェーズはありません。

関連記事等

関連記事等はありません。