コロフィナ地区給水計画

【写真】プロジェクトの様子

国名
マリ [協力地域地図(PDF)新しいウィンドウを開きます]
交換公文(E/N)署名
1997年7月
事業
無償資金協力
供与額
21.19億円
課題
水資源・防災

プロジェクトの紹介

全土の3分の2が砂漠や半砂漠であるマリは、慢性的な水不足に陥っていました。特に人口集中が激しい首都バマコ市では、人口増加に対して給水施設整備が間に合っておらず、水因性疾病も頻発していました。その中でも、同市のコロフィナ地区は、市中心部からの人口流入が増加しており、給水施設の整備が急務となっていました。この協力では、バマコ浄水場構内の浄水池、送水ポンプ場、コロフィナ地区北部高台の配水池、1次・2次配水管や共同給水栓の整備を支援しました。これにより、コロフィナ地区における給水能力の向上に寄与しました。

※各項目の説明や関連するJICAサイト内の情報については、ODA見える化サイトとはをご覧ください。

協力現場の様子

関連情報