第三次マレ島護岸建設計画

The Project for the Seawall Construction in Male' Island(Phase 3)

国名
モルディブ
事業
無償資金協力(交換公文(E/N))
課題
水資源・防災
交換公文(E/N)署名
1998年5月
供与額
13.8億円

プロジェクト紹介

モルディブの首都マレ島および周辺諸島では、1987~1988年に発生した異常高潮による浸水のため、同国の首都機能が麻痺する被害に見舞われました。日本は四次にわたる無償資金協力で、同島全体を取り囲む護岸を整備し、海岸防災機能の強化を図る支援を行いました。第三次となるこの協力では、南護岸提(全長1,546メートル)の整備、船舶係留に配慮した護岸前面の水域の浚渫などを実施しました。これにより、同島での高潮や津波災害に対する減災効果が見られ、島民の安全な生活の確保に寄与しました。

協力地域地図

第三次マレ島護岸建設計画の協力地域の地図

事業評価

協力現場の写真

  • 上空から見たマレ島(写真提供 塚本真喜) 

  • この協力で整備された南護岸と離岸堤。 

  • 南護岸西端部の様子。 

  • 離岸堤状況とその開口部。この協力で開口部に消波ブロックが移設された。 

  • 離岸堤の開口部と外洋からの波の状況。 

  • 南護岸の海水浴場区域。 

関連情報

関連・連携プロジェクト

関連・連携プロジェクトはありません。

本プロジェクトの他の期・フェーズ

本プロジェクトの他の期・フェーズはありません。

関連記事等

関連記事等はありません。