アスンシオン大学病院日本・パラグアイ友好母子センター建設計画(第1期)

【写真】プロジェクトの様子

国名
パラグアイ [協力地域地図(PDF)新しいウィンドウを開きます]
交換公文(E/N)署名
1998年5月
事業
無償資金協力
供与額
13.78億円
課題
保健医療

プロジェクトの紹介

パラグアイでは人口増加率および妊産婦死亡率が依然として高く、同国政府は保健医療水準の向上を重点分野として掲げています。しかし、同国唯一となる公的教育病院のアスンシオン大学病院は、施設・機材ともに老朽化が著しく、診療や医療教育に支障をきたしていました。日本は、同大学病院のうち産科、婦人科、小児科を統合した母子センターの建設を支援し、この協力(第1期)では、産婦人科病棟、外来棟および中央棟の建設と医療機材の調達を支援しました。これにより、母子保健サービスの強化を図りました。

※各項目の説明や関連するJICAサイト内の情報については、ODA見える化サイトとはをご覧ください。

協力現場の様子

関連情報