ベイラ湾浚渫船建造計画

The Project for Construction of Dredger at Beira Port

国名
モザンビーク
事業
無償資金協力(交換公文(E/N))
課題
運輸交通
交換公文(E/N)署名
1998年5月
供与額
19.62億円

プロジェクト紹介

モザンビークの中部に位置するベイラ港は、ジンバブエ・マラウイから最短距離にあり、近隣の内陸国にとっても依存度の高い港です。同港はブンゲ川河口に位置し海流が激しいため、全航路で入港に必要な水深を確保するため常時埋没土砂の浚渫作業が必要ですが、浚渫作業を行うモザンビーク浚渫公社には、老朽化した浚渫船1隻しかなく、浚渫能力が不足していました。この協力では、ベイラ港進入航路の維持浚渫を行うために必要な自航式曳航吸引方ホッパー浚渫船1隻の整備を支援し、港湾機能の維持を図りました。

協力地域地図

ベイラ湾浚渫船建造計画の協力地域の地図

事業評価

協力現場の写真

  • この協力で整備された浚渫船アルアングア号 

  • この協力で整備された浚渫船アルアングア号 

  • アルアングア号の船橋 

  • ベイラ港コンテナ埠頭遠景 

関連情報

関連・連携プロジェクト

関連・連携プロジェクトはありません。

本プロジェクトの他の期・フェーズ

本プロジェクトの他の期・フェーズはありません。

関連記事等

関連記事等はありません。