南太平洋大学通信体系改善計画

The Project for Upgrade of USPNet Communications System

国名
フィジー
事業
無償資金協力(交換公文(E/N))
課題
情報通信技術
交換公文(E/N)署名
1998年6月
供与額
2.98億円

プロジェクト紹介

フィジーに本部を置く南太平洋大学(USP)では、南太平洋の12の国・地域にUSPセンターを設置し、短波回線や衛星回線を使用した遠隔教育を行っています。しかし、既存の回線は、機材の老朽化や使用料金などの問題があるため、効率的で円滑な遠隔教育の実施に支障をきたしていました。この協力では、本部キャンパスおよびラウトカキャンパスに衛星回線設備や無線・回線管理設備、アンテナ設備の整備を支援しました。これにより、南太平洋の島嶼国における高等教育の場の拡大および質の向上に貢献しました。

協力地域地図

南太平洋大学通信体系改善計画の協力地域の地図

事業評価

協力現場の写真

  • 南太平洋大学(以下、USP)大学本部と加盟各国・地域のUSP センターの間に敷設されたUSPNetを通じたビデオ会議の様子。 

  • USPサモアキャンパスのUSPNetアンテナ 

  • USPサモアキャンパス内のコンピュータ実習室 

  • USPトンガキャンパスの USPNetアンテナ 

  • USPツバルキャンパス 

  • USPツバルキャンパスのコンピュータ室 

  • USPフィジーキャンパスのUSPNetアンテナ 

関連情報

関連・連携プロジェクト

関連・連携プロジェクトはありません。

本プロジェクトの他の期・フェーズ

本プロジェクトの他の期・フェーズはありません。

関連記事等

関連記事等はありません。