カンダール州メコン河沿岸灌漑施設改善計画

The Project for Improvement of Facilities of Colmatage Systems in Kandal Province along the Mekong River

終了案件

国名
カンボジア
事業
無償資金協力(交換公文(E/N))
課題
農業開発/農村開発
交換公文(E/N)署名
1999年6月
供与額
11.04億円

プロジェクト紹介

カンボジアの首都プノンペンに近いメコン河の堤防沿いでは、河川と直角に水路を掘削し、栄養分を含んだ土壌を雨期の河川増水とともに導き、後背地を農地として利用するコルマタージュと呼ばれる農業が行われています。しかし、長年続いた内戦の影響で、コルマタージュ灌漑水路・樋門など施設の損傷・老朽化が激しく、十分な農業生産が行えない状況でした。この協力では、コルマタージュ灌漑水路施設の改修および機材の整備を支援しました。これにより、作付面積と収量の増加を図り、対象地域の安定した食糧確保と農家の生活水準改善に寄与しました。

協力地域地図

カンダール州メコン河沿岸灌漑施設改善計画の協力地域の地図

事業評価

協力現場の写真

  • カンダール州キエンスバイ郡のプレーク・ポル水路(2008年の視察の様子) 

  • 国道1号線沿いのプレーク・ポル水路の取水ゲート 

  • プレーク・ポル水路取水ゲートの銘板 

  • プレーク・ポル水路を取水ゲートより見た様子 

  • コルマタージュ(プレーク)水路がさらに続く 

  • プレーク水路沿いの畑作の様子 

  • 事後評価調査の際に水管理組合から話を聞くJICA関係者(2012年) 

  • 詳細を図に描いて説明をする水利組合員 

  • 事後評価調査に同行する平岩専門家(水資源気象省、農業のための水資源開発・管理アドバイザー) 

  • 改修前のプレーク・ポル水路の取水ゲート(1998年) 

関連情報

関連・連携プロジェクト

関連・連携プロジェクトはありません。

本プロジェクトの他の期・フェーズ

本プロジェクトの他の期・フェーズはありません。

関連記事等

関連記事等はありません。