水力発電所改善事業

(DRIN RIVER HYDROPOWER STATIONS REHABILITATION PROJECT)

【写真】プロジェクトの様子

国名
アルバニア [協力地域地図(PDF)新しいウィンドウを開きます]
借款契約(L/A)調印
1995年11月
事業
有償資金協力
借款契約額
16.81億円
課題
資源・エネルギー

プロジェクトの紹介

アルバニアでは1950〜70年代に水資源開発が進められ、多くの水力発電所が建設されましたが、老朽化が進み、改修が必要とされていました。一方で、電力需要は家庭の消費を中心に1995年以降の増加が予想され、電力の安定供給のための早期対策が求められていました。日本は、老朽化の進んだフィエルツア発電所、バウイデジャス発電所において、機械部品と電子部品、制御装置の更新、高性能機器への転換、土木工事などを支援しました。この協力により、発電能力と発電量が増強され、電力供給の安定化や経済成長に寄与しました。

※各項目の説明や関連するJICAサイト内の情報については、ODA見える化サイトとはをご覧ください。

協力現場の様子