送配電網整備事業

POWER TRANSMISSION AND DISTRIBUTION PROJECT

国名
アルバニア
事業
有償資金協力
課題
資源・エネルギー
借款契約(L/A)調印
1996年12月
借款契約額
31.24億円

プロジェクト紹介

旧社会主義政権下のアルバニアでは水資源開発が重点的に進められました。多数の水力発電所が建設され、1990年代前半まで余剰電力の輸出が貴重な外貨収入源でした。しかし、1997年の経済破綻とそれに伴う暴動、難民問題など、社会的な混乱が深まるなかで電力施設への投資はほとんど停止し、施設の故障や老朽化が進み、停電が頻繁に発生するようになりました。日本は、主要な変電所8カ所の建設と配電網の増強を支援しました。これにより電力供給を安定させ、エネルギー資源の効率的管理を促し、アルバニアの生活環境の改善に寄与しました。

協力地域地図

送配電網整備事業の協力地域の地図

事業評価

協力現場の写真

  • 整備されたティラナ変電所 

  • 店の前に置かれた発電機 

関連情報

関連・連携プロジェクト

関連・連携プロジェクトはありません。

本プロジェクトの他の期・フェーズ

本プロジェクトの他の期・フェーズはありません。

関連記事等

関連記事等はありません。