保健サービス強化事業

Health Services Strengthening Project

実施中案件

国名
バングラデシュ
事業
有償資金協力
課題
保健医療
借款契約(L/A)調印
2018年6月
借款契約額
65.59億円

プロジェクト紹介

バングラデシュ政府は保健医療水準の底上げに取り組んできた結果、5歳未満児死亡率、HIV感染率、マラリアによる死亡率はミレニアム開発目標の数値を達成、妊産婦死亡率も大きく改善させています(国連開発計画、2015)。一方で、食習慣や生活様式等の変化により非感染性疾患(NCDs)による死亡数は増加し、また、首都ダッカの人口は増加傾向であるものの、一次保健医療施設の数や提供されるサービスは十分とは言えません。この協力では、同国内の一次及び二次保健医療施設におけるサービスの質の向上(NCDs検査体制強化のため機材整備および研修、施設の増床・改築等)と、都市部の診療所の検査体制強化と施設の改築を支援します。これにより、NCDs対策の強化およびダッカの都市貧困者の保健医療サービスへのアクセス強化を図り、国民の健康増進に寄与します。

協力地域地図

保健サービス強化事業の協力地域の地図

事業評価

協力現場の写真

  • 住民による話し合いの様子 

  • 処置室の様子 

  • 調印式の様子 

関連情報