大ダッカ圏電話網整備事業(2)

GREATER DHAKA TELECOMMUNICATIONS NETWORK IMPROVEMENT PROJECT(2)

終了案件

国名
バングラデシュ
事業
有償資金協力
課題
情報通信技術
借款契約(L/A)調印
1992年5月
借款契約額
147.61億円

プロジェクト紹介

バングラデシュでは、電話普及率が極めて低く、固定電話通信の需要増加に対し、既存設備が不十分の上、老朽化が進み、通信事情が極めて悪い状況でした。そのため、日本は、第1期事業で、大ダッカ圏北部においてデジタル交換機の設置を中心とした通信インフラの整備を支援しました。本事業(第2期)では、大ダッカ圏南部において電話交換施設や局外施設の更新・増設を支援しました。これにより、電話の供給不足の解消および通信事情の向上に寄与しました。

協力地域地図

大ダッカ圏電話網整備事業(2)の協力地域の地図

事業評価

協力現場の写真

  • 本事業「大ダッカ圏電話網整備事業(2)」で設置された交換機 

  • 「大ダッカ圏電話網整備事業」(1986年開始)で設置された電話交換機 

関連情報

関連・連携プロジェクト

関連・連携プロジェクトはありません。

本プロジェクトの他の期・フェーズ

本プロジェクトの他の期・フェーズはありません。

関連記事等

関連記事等はありません。