再生可能エネルギー開発事業

(Renewable Energy Development Project)

【写真】プロジェクトの様子

国名
バングラデシュ [協力地域地図(PDF)新しいウィンドウを開きます]
借款契約(L/A)調印
2013年3月
事業
有償資金協力
借款契約額
113.35億円
課題
資源・エネルギー

プロジェクトの紹介

バングラデシュでは、経済成長に伴う電力需要の増加に対し、供給が追いついていません。2012年時点では都市部の電化率90パーセントに対し農村部では35パーセントと、とりわけ農村部の電化ニーズが高くなっています。また、送配電容量の不足や機器の不具合により電力需要ピーク時以外でも規定値を超えた電圧変動や、停電が頻発しています。これらのことから、再生可能エネルギー導入を含めたエネルギー源の多様化を行いつつ、地方電化を推進するとともに、既存設備の運用効率化による電力供給の増加が課題です。この協力では、農村部における太陽光発電、バイオマス発電等の再生可能エネルギー設備設置に資金を供与します。これにより、地域住民の生活水準の向上、また気候変動の緩和に寄与します。

※各項目の説明や関連するJICAサイト内の情報については、ODA見える化サイトとはをご覧ください。

協力現場の様子

関連情報