災害リスク管理能力強化事業

(Disaster Risk Management Enhancement Project)

【写真】プロジェクトの様子

国名
バングラデシュ [協力地域地図(PDF)新しいウィンドウを開きます]
借款契約(L/A)調印
2016年6月
事業
有償資金協力
借款契約額
169.96億円
課題
資源・エネルギー

プロジェクトの紹介

バングラデシュは、地形的要因、気象、気候的要因による災害が頻発し、世界で最も災害に脆弱な国の一つです。災害リスク管理体制は依然脆弱で、省庁横断的な防災計画、指針の策定及び防災関連省庁間の横の連携の仕組みが十分確立されていません。この協力では、自然災害で被災したインフラの復旧・復興、情報伝達機器や救援用機材の整備、災害復旧復興の仕組み構築及びその実施を行うことにより、政府の総合的な災害リスク管理能力の強化を図ります。これにより災害に強靭な社会の構築など同国の持続的開発に寄与します。

※各項目の説明や関連するJICAサイト内の情報については、ODA見える化サイトとはをご覧ください。

協力現場の様子

関連情報