地方電化事業(フェーズ2)

(Rural Electrification Project(Phase 2))

【写真】プロジェクトの様子

国名
ブータン [協力地域地図(PDF)新しいウィンドウを開きます]
借款契約(L/A)調印
2011年6月
事業
有償資金協力
借款契約額
21.87億円
課題
資源・エネルギー

プロジェクトの紹介

ブータンは水力発電による電力の多くをインドへ輸出し、主要な外貨獲得源としています。一方、多くの貧困層が生活する地方農村部では、電力アクセスの欠如がボトルネックとなっています。また、調理、暖房用の化石燃料・薪炭材の使用に伴い、健康被害や温室効果ガスの発生などの課題も抱えています。日本は、ブータンの地方農村部において、未電化世帯の電力アクセスの改善を図るため、配電網の整備等を支援します。この協力により、貧困度の高い地方農村部住民の生活環境の改善、地方農村部の経済・社会活動の活性化、気候変動の緩和に寄与します。

※各項目の説明や関連するJICAサイト内の情報については、ODA見える化サイトとはをご覧ください。

協力現場の様子

関連情報