南北導水事業

(NORTH-SOUTH CARRIER WATER PROJECT)

【写真】プロジェクトの様子

国名
ボツワナ [協力地域地図(PDF)新しいウィンドウを開きます]
借款契約(L/A)調印
1995年12月
事業
有償資金協力
借款契約額
46.85億円
課題
水資源・防災

プロジェクトの紹介

ボツワナの水源は表流水が少なく、開発もほとんど進んでいないため地下水が主流です。当時、首都ハボロネでは、急速な水需要の伸びに加え、地下水の大規模開発が困難なこと、首都周辺の水源が開発済みであることなどから、他地域からの導水が必要と考えられていました。また、ハボロネは恒常的に水を南アフリカから輸入しており、独自水源の開発は国家の悲願でした。この協力では、浄水場、ポンプ場、ブレーキプレッシャータンクの新設を支援しました。これにより、北東部の水源開発と、南東部・中央部への安全な水の供給に寄与しました。

※各項目の説明や関連するJICAサイト内の情報については、ODA見える化サイトとはをご覧ください。

協力現場の様子