包頭市大気環境改善事業

(Baotou Atomospheric Environmental Improvement Project)

【写真】プロジェクトの様子

国名
中華人民共和国 [協力地域地図(PDF)新しいウィンドウを開きます]
借款契約(L/A)調印
2005年3月
事業
有償資金協力
借款契約額
84.69億円
課題
資源・エネルギー

プロジェクトの紹介

蒙古自治区内の主要工業都市の一つである包頭市は、経済成長に伴いエネルギー消費量が伸びていますが、エネルギー資源のほとんどを石炭に依存していることから、大気汚染が深刻化していました。この協力では、天然ガス・パイプラインを建設することにより、石炭から天然ガスへエネルギー転換しました。事業完了後、一度もガス供給が停止することなく安定した供給を実現しています。その結果、包頭市では大気汚染物質が削減し、大気環境の改善、居住者の生活・環境水準の向上に寄与しました。

※各項目の説明や関連するJICAサイト内の情報については、ODA見える化サイトとはをご覧ください。

協力現場の様子