甘粛省蘭州市大気環境改善事業

Lanzhou City Atmospheric Environmental Improvement Project

終了案件

国名
中華人民共和国
事業
有償資金協力
課題
環境管理
借款契約(L/A)調印
2007年12月
借款契約額
74.00億円

プロジェクト紹介

中国は、エネルギー消費のうち約69パーセントを石炭に依存していたことから(2005年)、硫黄酸化物、煤塵などによる大気汚染が深刻でした。同国政府は主要な汚染物排出量の削減を目標に、都市での石炭火力発電所の建設禁止およびコジェネレーション設備や集中熱供給施設の建設を推進しました。甘粛省は、急激な経済成長に伴い大気汚染が深刻な地区のひとつで、特に省都の蘭州市では、冬期の地区暖房に小型石炭ボイラーを使用しており、大気汚染の発生源となっていました。さらに、同市は黄河沿いの山に囲まれた谷間に位置し、汚染大気が拡散されにくいため、大気環境改善が課題となっていました。この協力では、甘粛省蘭州市において、集中型熱供給施設を整備することにより、小型石炭ボイラー等汚染排出源の抑制による大気汚染負荷の緩和を図り、同市の生活環境の改善に寄与しました。

協力地域地図

甘粛省蘭州市大気環境改善事業の協力地域の地図

事業評価

協力現場の写真

  • 本事業により整備された熱交換ステーション(七里河区)。 

  • 本事業により整備された蘭州 范坪熱網 有限会社のコントロールステーション。 

  • 本事業により整備されたバルブ室。 

  • 本事業の実施により不要となった小型石炭ボイラーの跡地の再利用例:シェアリング自転車整備。 

  • 本事業によって整備された熱交換ステーションでの技術研修の様子。 

  • 本事業によって整備された熱交換ステーションの熱交換器プレート定期メンテナンスの様子。 

  • 本事業によって整備された熱供給管のメンテナンスの様子。 

関連情報

関連・連携プロジェクト

関連・連携プロジェクトはありません。

本プロジェクトの他の期・フェーズ

本プロジェクトの他の期・フェーズはありません。