ドゥアラ港コンテナターミナル近代化事業

DOUALA PORT CONTAINER TERMINAL MODERINIZATION PROJECT

国名
カメルーン
事業
有償資金協力
課題
運輸交通
借款契約(L/A)調印
1987年5月
借款契約額
60.00億円

プロジェクト紹介

カメルーン最大の貿易港であるドゥアラ港では、順調な経済発展と貨物取扱量の増加に伴い、経済性および安全性の面でメリットの大きいコンテナ設備の整備が進められてきました。しかし、荷役作業はシップギアとフォークリフトのみで行われていたため、コンテナ貨物取扱能力が限界に達することが予想されていました。この協力では、同港に対してクレーンの設置やトラクターなどの調達を支援しました。これにより、コンテナ取扱能力の強化を図り、カメルーンおよび近隣内陸諸国の経済発展に寄与しました。

協力地域地図

ドゥアラ港コンテナターミナル近代化事業の協力地域の地図

事業評価

協力現場の写真

  • この事業にて整備されたドゥアラ港のコンテナクレーン 

関連情報

関連・連携プロジェクト

関連・連携プロジェクトはありません。

本プロジェクトの他の期・フェーズ

本プロジェクトの他の期・フェーズはありません。

関連記事等

関連記事等はありません。